• あきるの動物病院

フィラリア予防注射

新型コロナ感染症の流行を受け、感染症対策と予防シーズンの混雑を避けるために、今年からフィラリア予防注射を導入いたします。

2月3月の限定で行いますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。


「注意点」

  • フィラリアの検査は必要です。フィラリア予防注射時に、フィラリアの検査と健康診断の血液検査を同時に行うとフィラリア検査を半額いたします。

  • 混合ワクチンや狂犬病予防注射の同時接種は出来ません

  • 「混合ワクチン」や「狂犬病」の予防接種同様、体調の良い日の午前中にご来院ください。

  • フィラリア予防内服薬と比べメリットデメリットがございます。下記を必ずお読みください。

 

フィラリア予防注射とは


フィラリア予防注射はフィラリアの内服薬とは異なり、1度注射するだけでゆっくり吸収されて、1年間フィラリアの感染から保護してくれます。


 

メリット

  1. 内服薬とは異なり、飲ませ忘れ・内服失敗・予防期間以外での感染を防ぐ事が出来ます。

  2. 1年間通して予防されるので、混み合う春のシーズンを避けフィラリア予防を開始する事が出来ます。

 

デメリット

  1. 「混合ワクチン」や「狂犬病」の予防接種同様、アナフィラキシーショック等の副作用が起こる事があります。

  2. 成長期等体重の変化が激しい場合、お勧めできません。

 

新しいフィラリア予防ですが、内服タイプと比べメリット・デメリットがございます。

よく、ご家族でご相談していただき選択してください。

わからない点や気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


閲覧数:258回0件のコメント

最新記事

すべて表示

現在、諸事情によりフードや薬品、試薬などの原価が高騰しています。 当院では通われている患者様のためにも、なるべく価格を変更しないよう努力を行って参りましたが、現状の価格及びサービスを継続する事が非常に厳しい状況となっています。 申し訳ありませんが、一部の治療、検査、商品について、価格改定をさせていただきます。 また、今後も原価の値上げに合わせて、価格改定を行わせていただくサービスもあるかも知れませ

6月1日より新制度スタート 6月1日から動物愛護法においてマイクロチップ装着を義務付ける新制度が始まりました。 ・犬・猫へのマイクロチップ装着の義務化 犬猫等販売業者が義務付け、現時点での犬・猫所有者に対しては努力義務です。 ・情報登録の義務化 マイクロチップを装着したら所有者情報を指定登録機関に登録しなければなりません。 また、購入した(譲り受けた)新たな所有者は変更登録が義務になります。 今ま